2009年06月29日

プロスペクト理論

週末はちょっと忙しくてFXのことは
ぜんぜん勉強とかはできなかったんですが
あいかわらず95円が底堅い感じがして95.1円あたりで
狙ってたんですが、うまく約定ぜず、いったん取り消して
様子見です95.2円あたりで買うのがいいかと思ってますが
まああせらずのんびりチャンスをうかがってます。

最近行動心理学の本を読んでいてその中で
興味深い話で「プロスペクト理論」について書いてありました。



■質問 どちらを選びますか?

【質問1】
A=80万円貰える。
B=100万円貰えるが、15%の確率で(1円も)貰えない。

【質問2】
C=80万円支払う。
D=100万円支払うが、15%の確率で(1円も)支払わなくて良い。

一般の人にアンケートをとるとAとDを選ぶ人が多いみたいです。
いわゆる期待値という確立の考え方ではBとCを選ぶのが正しいみたいです。
これは実際の投資行動にもあらわれるみたいで
やっぱり損を確定するのはみんないやで、たとえば95円でロングして
94円になっても質問2のAの答えのように確実な損はいやなので
ロスカットせず、持ち続け。利益がでたときはすぐに利食いして
しまうみたいな・・・
これでわかるのは
「投資家は利益を受ける時はリスクを避けようとし、損失を被る時はリスクを取る傾向がある。」
また人間は確立どおりに行動をしないらしいです。

そんな知識も得たのでFXの投資にも生かしていきたいです。
ちなみにのんびりはさっきの質問の答えは
AとCを選んでしまったんですが、これはどういうことなんでしょう。
うーん、これから自分なりに自己分析してみようと思います。
posted by のんびり at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。