2010年01月03日

イオンが減

イオンが12月29日に発表した11月度の連結営業売上高は前年同月比9.4%減の3981億円だった。

11月度は、歳暮やクリスマスケーキの予約販売、暖房器具と寝具、インフルエンザ対策商品などの
販売強化を行ったが、厳しい消費環境が続くとともに、気温の変動が激しかったこともあり、全体の売上は低調となった。
しかし、グループ1000店舗で展開する機能性肌着「トップバリュヒートファクト」が好調に推移するなど、
「トップバリュ」の売上は前年を上回った。
衣料を中心とする厳しい売上状況により、GMS事業、専門店事業は低調に推移し、SM事業は、
低価格化の推進により買上点数を伸ばし、また、計画的な出店や業態転換の実施などにより、前年を上回った。
主な連結各社では、イオンリテールが全店売上高9.0%減、既存店8.5%減、イオン北海道は全店6.8%減、
既存店6.8%減、イオン九州の全店8.1%減、既存店9.5%減、マイカルは全店9.9%減、既存店9.1%減だった。

マックスバリュ北海道は全店3.0%減、既存店5.2%減、マックスバリュ東北が全店5.4%減、
既存店5.6%減、マックスバリュ東海は全店11.2%増、既存店では10.1%減、
マックスバリュ中部が全店3.3%増、既存店0.8%減、マックスバリュ西日本は全店1.3%増、既存店5.6%減だった。
ミニストップは全店で5.3%減、既存店では6.5%減。
ブルーグラスは全店29.6%減、既存店23.3%減、コックスが全店20%減、既存店19.0%減、
イオンファンタジーも全店で21.0%減、
既存店で21.5%減と大幅に減少している。

なお、イオンクレジットサービスの取扱高はカードショッピングが2.4%増、キャッシングが10.8%減だった。

態別開閉店店舗数はGMS(総合スーパー)が閉店1店舗で604店舗、SM(スーパーマーケット)は
4店舗の開店で1258店舗、SuC(スーパーセンター)は増減なしで33店舗。

http://www.ryutsuu.biz/sales/b122901.html

明けましておめでとうございます。
お正月はイオンにショッピングに行ってまして
買い物を楽しんだんですけど、目当ての無印良品の福袋は
売り切れで買うことができず。とりあえずビレッジバンガードの
福袋を買いました。値段は4000円でしたが内容は結構微妙な感じで
思ったよりハズレも多くちょっと残念でした・・・
そんな買い物だったんですけど、イオンにはすごい人が
集まってました!当日はかなりの寒さだったので遊び行くのも
大変だったかもしれなかったんですけど、イオンは人がめっちゃいましたね。そしてこのニュースを見て売上が減ってるのが意外でした。世の中不況なんですねー

posted by のんびり at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。